イースターや新生活をイメージした、ひよこがモチーフのあんこの和菓子「ぴよ子」4月1日より期間限定で販売開始

イースターや新生活をイメージした、ひよこがモチーフのあんこの和菓子「ぴよ子」4月1日より期間限定で販売開始

4月の新商品【ぴよ子】

今年は4月9日がイースター祭なので、イースターのひよこをイメージしました。

4月の新商品【ぴよ子】

外皮→練り切り餡 中餡→こし餡 白色の練り切り餡の端をギザギザにカットし、ぴよ子の胴体にかぶせて卵の殻を着させます。

オレンジ色に着色した練り切りを口ばしと頭の毛にし、黒ゴマを垂れ目になるように付けます。

4月はヒヨコやウサギ、卵をモチーフに使うイースター(誕生祭)があり、新生活がスタートする時期になります。

「誕生・生まれかわる」などの意味も込めて可愛らしいぴよ子をデザインしました。 並んでるぴよ子達、どこにお嫁に行くのかとワクワクドキドキしながら1匹ずつ心を込めて作りました。

また機会がありましたら、お店にお立ち寄りください ※手間がかかる子なので、売り切れの場合がございます。 お電話でお取り置き又は次回出会える時までお待ちください

商品開発のきっかけ

商品開発のきっかけ

「和菓子がお客様に対して果たせる役割」について深く考え直しました。 江戸時代、茶の湯とともに武家に浸透し、やがて庶民にも広がっていった和菓子。 その甘味は人々の心と身体の癒し、喜びになっていたことでしょう。 だからこそ受け入れられ、生活に浸透していきました。 その生活の中の「癒しと喜び、安らぎ」こそが本来の和菓子の役割であると考えました。

4月は新生活がスタートする季節です。 進学や就職などで新生活が始まるこの時期。新しい環境に移ることへの期待や不安を 感じながら日々を送っているのではないでしょうか。 そんなときこそ、美味しい和菓子を食べてもらい、心を落ち着かせる時間を作りたい… そっと寄り添えるお菓子を考案しました。

和菓子職人の想いから生まれた「可愛らしい和スイーツ」 時代の転換期で苦難もありますが、新しい生活にワクワクして、前に進んでいければ…と思っています。

ぴよ子のご購入について

店舗販売: 『ぴよ子』 420円 販売期間:4月1日~4月27日 東三河のお亀堂直営店各店で販売しています。

オンラインショップ:数量限定で販売中です。(販売終了しました)

お亀堂について

お亀堂について いつの時代も私たちお亀堂は「挑戦」と「革新」を続け かけがえのない日本の和菓子文化の発展を先導します

お亀堂は愛知県三河地域で70年以上の永きにわたりご愛顧頂いている老舗和菓子店です。四季折々の和菓子は慶弔からおやつ、お土産に至るまで幅広く取り揃えております。また、おむすびや、甘味茶屋などを営んでおります。

この記事を書いた人