夜空の花火を表現した上生菓子『打上花火』

夜空の花火を表現した上生菓子『打上花火』

星屑の夜空に打ち上げられる花火

冷やすとより”もちもち”と”シャリシャリの食感が楽しめます。

藍色に染めた道明寺羹と透き通る美しさの錦玉羹に色とりどりの銀箔や金箔を散りばめて花火が浮かぶ夜空を表現しました。星屑の夜空に打ち上げられる花火のきらめきが鮮やかで美しい逸品です。

夜空の花火を表現した上生菓子『打上花火』

食感はとろりと舌に当たってほろりとほぐれる道明寺羹と、割れるように崩れていく錦玉羹の食感の対比が楽しい、モダンで華やかな夏の和菓子です。今年、花火を見られる人も、見られない人にも、夜空に打ち上げられる花火を和菓子でお楽しみください。

冷やすといっそう美味しいひんやり和菓子

冷蔵庫で解凍して冷やしてたべていただくと、つるっと美味しくいただけます。土台の道明寺のもちもちとした食感も楽しんでいただける一品です。

商品開発のきっかけ

コロナウィルスにより各地のお祭り、花火大会が3年連続で中止になってしまいました。何十年も途切れることなく続けられてきたお祭り、夏の風物詩である花火が中止されたことは日本中が深い悲しみに包まれてしまったと感じました。

そこで「和菓子がこのような苦難なときに果たせる役割」について深く考えました。その生活の中での「癒しと喜び、安らぎ」をお届けすることが本来の和菓子の役割であると。

商品開発のきっかけ

その中で考案したのが「打上花火」になります。少しでも和菓子でお祭り気分、夏の風物詩を味わって楽しんでいただければと思います。

時代の転換期で苦難もありますが、生活の中に「癒しと喜び、安らぎ」を届け、前に進んでいければ…と思っています。

この記事を書いた人