豊橋でしか買えない限定品『和菓子とチョコの融合「ブラックサンダーあん巻き」』

 

豊橋でしか買えない限定品『和菓子とチョコの融合「ブラックサンダーあん巻き」』

愛知県豊橋市の和菓子店『お亀堂』のあん巻きと地元豊橋に主力工場がある『有楽製菓』のブラックサンダーが地域活性化を目指したコラボ商品【ブラックサンダーあん巻き】 。

 

もっちりした皮とザクザク食感のチョコレートの組合せが話題を呼び、発売から1年半で100万個の売上を達成しました。和菓子でも洋菓子でもない新しいお菓子で豊橋限定品のため、市外県外各地から買いに来られます。

 

豊橋でしか買えない限定品
『和菓子とチョコの融合「ブラックサンダーあん巻き」』

愛知県豊橋市の老舗和菓子店『お亀堂』のあん巻きと地元豊橋に主力工場がある『有楽製菓』のブラックサンダーが地域活性化を目指したコラボ商品【ブラックサンダーあん巻き】。さまざま著名人のSNSでも紹介された人気商品です。


一口かじると、皮のもちもち感とブラックサンダーのザクザク感が口の中に一気に広がります。一度食べると、また食べたいと思う味。何度も食べたくなってしまう衝動にかられます。おやつだけでなく、トースターで焼いて朝食として食べるのにも最適です。
もっちりした皮とザクザク食感のチョコレートの組合せが話題を呼び、発売から1年半で100万個の売上を達成しました。和菓子というと、高齢の方に人気というイメージがありますが、「ブラックサンダーあん巻き」は若年層にも大人気。和菓子でも洋菓子でもない新しいお菓子で豊橋限定品のため、豊橋土産として定着しており、名古屋市や浜松市、岐阜県や三重県など市外県外から買いに来られます。


【ブラックサンダーあん巻きの誕生秘話】
発売するきっかけは、弊社社長が有楽製菓さんと他社のコラボ商品を見て、意外な組み合わせに驚き
「これは、うちのあん巻きでもできるのではないか・・?」と直感し、すぐに有楽製菓さんの社長に問い合わせたところ、「地元豊橋の人が喜ぶなら・・・」と意気投合、コラボ商品の制作に取り掛かりました。
しかし、完成までは困難の連続でした。
・ブラックサンダーの食感を残したくてもミキサーだと粉々になってしまう。
・皮に焼き付けるイナズマの角度が違う
・チョコレート感をもっと出した方が・・・ 試作開発を何度も積み重ねて、201711月に「ブラックサンダーあん巻きが」販売開始になりました。販売と同時に、「食感が新しい」とSNSで話題になり、瞬く間にその評判が広がっていきました。

 

【ブラックサンダーあん巻きの受賞歴】
・愛知県ふるさと食品コンテストで最優秀賞
令和元年度の愛知県のふるさと食品コンテストで「ブラックサンダーあん巻き」が最優秀賞(知事賞)を受賞しました。
・優良ふるさと食品中央コンクールの新製品開発部門で農林水産省食料産業局長賞

愛知県で最優秀賞に輝いたため、全国の優良ふるさと食品中央コンクールに推薦されました。そして農林水産省食料産業局長賞を受賞しました。

【ブラックサンダーあん巻きの美味しい食べ方(オススメ)】  

七輪でこんがり焼くと、外はサクサク、中はもちもち、ふわふわにさらに中のブラックサンダーもザクザク、トロ~リの食感を味わうことができます。
サク、もち、ふわ、ザク、トロ~リ・・・・美味しさが一気に口の中に広がります。もちろん七輪がない方はトースターで焼けば同じように美味しく食べることができます。

【巨大ブラックサンダーあん巻き】

通常のサイズの300倍、重さ12キロの巨大ブラックサンダーあん巻きも、結婚式のウエディングケーキとして提供されました(通常では販売しておりません)。

ブラックサンダーあん巻きの購入はココから➡https://store.shopping.yahoo.co.jp/okamedo-shop/4562148008031.html

土日祝日のあんみつバー再開のお知らせ

今までお休みしていたあんみつバーを土日祝日限定で再開します。

あんみつバー

国内でも珍しいあんみつ食べ放題。寒天や白玉、餡子など、あんみつの和の素材が器に詰め放題。自由にアレンジするころができます。

あんみつバー商標登録しています。
登録番号5201466

いちご大福販売開始しました🍓

11月12日よりいちご大福🍓を販売開始。

お亀堂で使用しているいちご🍓は田原市内でもとりわけ腕の良い農家さん2軒が、特別に色も形もサイズもいいイチゴ🍓を厳選して、収穫後すぐに出荷してもらっています。 本来ならギフトで高値で売れるイチゴ🍓です。